与野党「ろうそくvs太極旗」…弾劾賛否めぐる対立高まる

与野党「ろうそくvs太極旗」…弾劾賛否めぐる対立高まる

2017年02月26日11時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソウル・光化門広場一帯で開かれたろうそく集会(写真=中央フォト)
  朴槿恵(パク・クネ)大統領就任4周年を迎えた25日に全国各地で開かれた「ろうそく集会」と「太極旗集会」出席に対しそれぞれ異なる立場を見せている。野党陣営の大統領選挙候補のうち「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)議員を除きほとんどがこの日ソウルを含む全国各地で開かれる「ろうそく集会」に参加する。

  文在寅(ムン・ジェイン)前「共に民主党」代表、安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道(チュンチョンナムド)知事、李在明(イ・ジェミョン)城南(ソンナム)市長、孫鶴圭(ソン・ハッキュ)国民主権改革会議議長はろうそく集会に、李仁済(イ・インジェ)元最高議員、金文洙(キム・ムンス)元京畿道(キョンギド)知事は太極旗集会に参加する予定だ。安哲秀前国民の党代表、洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道(キョンサンナムド)知事、劉承ミン(ユ・スンミン)「正しい政党」議員、南景弼(ナム・ギョンピル)京畿道(キョンギド)知事は参加しない。昨年12月に国会で弾劾案が可決されてから「ろうそく集会」に参加してない安前代表はこの日も参加しない予定だ。安前代表側は「政策開発と人材擁立に向けた時間を過ごすだろう」とした。これに対し安前代表と国民の党の大統領候補の座をめぐり競争している孫鶴圭(ソン・ハッキュ)前国民主権改革会議議長は光化門の「ろうそく集会」に参加する。

  文在寅前代表と李在明市長はこの日17時30分光化門(クァンファムン)広場で開かれる「第17回朴槿恵大統領弾劾要求汎国民大会」に参加する。「朴大統領弾劾に集中する」という立場を明らかにした文前代表は憲法裁判所の弾劾審判が終わるまで集会への参加を続ける予定だ。安熙正知事も全羅北道全州(チョンラブクド・チョンジュ)で「ろうそく集会」に参加する。24日から2日間の日程で湖南(ホナム)地域を訪問中の安知事は「ひたすら民主主義と憲法精神で、憲法を蹂躪したすべての古ぼけた政治勢力を一掃する。李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵政権の8年はわれわれに苛酷な時間だった」とした。

  これに対し野党圏候補のうち安哲秀前国民の党代表は今回のろうそく集会に参加しない。安前代表は昨年12月9日に国会で朴槿恵大統領弾劾案が可決されてから「憲法裁判所の判決を見守らなければならない」として集会に参加していない。

  国民の党との統合を宣言した孫鶴圭前国民主権改革会議議長は光化門のろうそく集会に参加する。国民の党大統領候補の間で立場の違いを見せている。安前代表を除いた朴智元(パク・チウォン)国民の党代表と指導部は光化門での集会に参加することを確定した。

  自由韓国党の朴槿恵派核心の尹相ヒョン(ユン・サンヒョン)、趙源震(チョ・ウォンジン)、金鎮台(キム・ジンテ)、朴大出(パク・デチュル(議員らは太極旗集会に参加し弾劾の不当性を取り上げる予定だ。同党の大統領候補である李仁済前最高委員と金文洙元知事も太極旗集会に出て憲法裁判所の判決の不当性を強調する。

  自由韓国党の大統領選挙候補のうち洪準杓慶尚南道知事も集会に参加しない。洪知事は「太極旗集会の主張に反対するのではない」としながらも「ただし憲法裁判所の審判手続きが進行中という状況で圧力を加えるのは民主主義精神に反すること」と述べた。

  「正しい政党」の大統領候補である劉承ミン議員と南景弼知事側は「集会に政界が参加してはならない」という立場で参加しない予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事